5大特典つき!
ヒアルロン美潤限定お試しパック(送料無料)
初めてのお客様限定お試しパック
3300円→500円


2006年11月07日

メタボリックシンドロームとは_代謝症候群

メタボリックシンドロームについて調べてみました。
↓↓

メタボリックシンドローム(代謝症候群たいしゃしょうこうぐん)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。
WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。
以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群などと呼称されてきた病態のこと。
英語をそのまま読んで、メタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)とも呼ばれる。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、代謝症候群の定義を満たすと相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、ハイリスク群として予防・治療の対象とされている。
特に内臓脂肪の蓄積が問題視されており、男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満(一方女性型肥満といわれている洋ナシ型肥満、これは下半身型肥満ともいわれ内臓肥満とはとらえられていない。
以前はW/H比、ウェストヒップ比が議論されたこともある。)に対して注意が呼びかけられている。

しかし、日本の中年男性の半分近くがこの「症候群」またはその予備群に該当するものであり、果たして「疾患」として扱うのが妥当であるかどうか議論になっている

◇内臓脂肪型肥満
臍レベル腹部断面での内臓脂肪面積100cm²以上とする。
ただし内臓脂肪面積を直接測定することは健康診断や日常臨床の場では容易ではないため、腹囲の測定により代用し、男性85cm以上、女性90cm以上を内臓脂肪型肥満と診断する。
しかし、できれば腹部CT撮影等により内臓脂肪面積を精密に測定することが好ましい。
上記に加え以下の3項目のうち2項目以上に当てはまると、メタボリックシンドロームと呼ばれる。

◇高血糖
空腹時血糖110mg/dL以上

◇高血圧
収縮時血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上のいずれか、又はいずれも満たすもの

◇高脂血症
血清中性脂肪150mg/dL以上か、血清HDLコレステロール値40mg/dL未満のいずれか、又はいずれも満たすもの

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


はい、難しくて良くわかりません。
ということで簡単に言うと、

メタボリックシンドロームとは、
内臓脂肪の蓄積によってインスリンの働きが低下し、
→糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を引き起こし、
動脈硬化の危険性が増えるというもの。

つまり、危険因子のひとつひとつの症状は軽くても、その原因が複数存在するために動脈硬化の危険性が高い症状です。

高コレステロールと同様な危険因子として、最近注目を集めている症状です。
つまりは、内臓脂肪に原因があるようです。
posted by 伊藤ゆうすけ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ダイエット食品で7日で2kg減せた!

宮部みゆきファンブログ

白猫先生の化学が分かる3つのステップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。